« 京の名水5 御所三名水 | トップページ | 鎖樋のある風景 冬 »

2009年1月25日 (日)

京の名水6 京都御苑界隈2

前回の記事の最後は御苑内にある宗像神社でしたが、実はその前に御苑の西にある二つの神社を訪れました。北西にある蛤御門から出ると、土御門内裏跡の碑があります。これは、平安末期に鳥羽・崇徳・近衛の3天皇の里内裏(平安京内裏の外に臨時に設けられた皇居)があったところ。現在は、ブライダルホテルがあります。

Imp_0355a

すぐ南に、「いのしし神社」として知られる護王神社があります。平安京の造営に貢献した和気清麻呂と和気広虫を祀っています。境内には清麻呂の難を救った猪にちなみ、狛いのししや、猪のコレクション、猪の絵馬?などがあります。

Imp_0356a

この神社には、「霊猪(れいちょ)の手水舎」があります。

Imp_0361a

龍の水口はよく見かけますが、この神社は猪づくしです。

Imp_0360a

さらに南に行くと、「烏丸の天神さん」として知られる菅原院天満宮神社があります。ここは、菅原氏の邸宅「菅原院」があったところで、菅原道真とその父祖が祀られています。

Imp_0409a

右手の社務所の横に、菅原道真の産湯につかったと伝えられる「菅公初湯井」があります。

Dsg_8506a

この後、下立売御門からもう一度御苑に入り宗像神社(前回の記事)に向かいました。

Dsg_8542a

この後、御苑の南にある九條池に来ました。向こうに見えるのは拾翠亭という茶室。池と茶室は五摂家の一つであった九條家の庭園の遺構。茶室は今でも茶会に使われ、一般公開もしているとのこと。庭には三つの井戸があるそうです。

Imp_0453a

ここから、堺町御門を出ていよいよ最終目的地に向かいます。

Imp_0460a_2

キンシ正宗堀野記念館です。天明元年(1781年)にキンシ正宗の創業者堀野家の本宅として建てられた。酒造りの拠点が伏見に移された後も、造り酒屋のたたずまいと町家文化の設えを当時のまま残し、平成12年には京都市の有形文化財に指定。

Imp_0481a

こちらは隣の直営レストラン「堺町 ほっこり」です。できたての地ビールや純米大吟醸酒とそれらにあう料理がいただけるそうです。

Imp_0479a

記念館に入ると、江戸期の酒蔵と当時の酒造り道具が保存してあります。

Imp_0485a

ここでは、酒造りの手順をわかりやすく説明していただけます。

Imp_0491a

中庭に出ると、「桃乃井」があります。大きな桃の木の下にあることから名付けられ、創業以来酒造りに使われてきました。「染井の水」と同じ水脈で、1年を通して水温16度、くせがなく軟らかな口当たりが特徴。周辺の有名料亭も毎日汲みに訪れるとのこと。向こうに見える蔵は文庫蔵で、当時の資料を展示しています。

Imp_0499a

玄関の左手にある帳場や座敷も見せていただけます。2階に上がると、本座敷があります。向こうには五畳ほどの「鞘の間」といわれる部屋があり、大切な客人を楽しませるため、舞などが行える舞台として設けられたとのこと。

Imp_0519a

昔のポスターが展示されていました。

Imp_0514a

Imp_0525a

突き当りは、住み込みの人が寝起きをする部屋。町家の多くは二階が低く、ロフトのような造りになっています。通りに面している窓は格子を土で塗り込められており、虫籠のように見えることから、虫籠窓(むしこまど)と呼ばれるそうです。

Imp_0533a

2階から売店がある土間をみたところ。手前に内井戸の滑車とつるべが見えます。

Imp_0526a

最後に、ビールとお酒の試飲ができます。それぞれ複数を選んでくれます。あまりお酒はいただきませんが、地ビールと大吟醸酒はさすがに美味しかったです。

Imp_0535a

外に出ると、日が暮れて暗くなっていました。案内をしていただいた鈴木康久さん、ありがとうございました。

Imp_0540a

お越しいただきありがとうございました。よろしかったら、↓をお願いします。

--------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。是非宜しく。→ Banner_04

             こちらもクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
--------------------------------------------------------

Dsg_8582a

|

« 京の名水5 御所三名水 | トップページ | 鎖樋のある風景 冬 »

11 名水・滝めぐりなど」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!益々寒さが増していますか?次回京都に行って時はこの記念館に行くことにきめましたよ。夫がのりのりです。今までは私がひっばって行く形でしたがここは夫が行くき満々のようで楽しみにしています。ありがとうございました。

投稿: ふぁいんまま | 2009年1月25日 (日) 12時58分

以前、何かの情報誌で見て入ってみました。「ほっこり」でいただけるお弁当も京都にしてはとてもお安くて美味しかったですよ。

投稿: kikihaha | 2009年1月25日 (日) 20時33分

★ふぁいんままさん こんばんは♪
昨日は予報が外れたというか・・・暖かかったです。
キンシ正宗の記念館、なかなかいいですよ。行って下さいね。

投稿: りせ | 2009年1月26日 (月) 04時02分

★kikihahaさん こんばんは♪
ほっこり・・・行かれましたか。。。
私も一度行きたいと思います。コメント有り難うございます♪

投稿: りせ | 2009年1月26日 (月) 04時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京の名水5 御所三名水 | トップページ | 鎖樋のある風景 冬 »