« 京の空 秋風とともに | トップページ | 京のわんこ16 祭り見物 »

2008年10月 9日 (木)

鎖樋のある風景 秋

鎖樋とは軒から垂らした鎖状の樋のことです。日本建築にはよく見られるもので、詳しい説明は「鎖樋のある風景 春」をご覧ください。機能的か造形的なものなのか分かりませんが、その形が気にいっています。今日は,、9月-11月に撮った鎖樋がある風景を日付順にご紹介します。秋の深まりを感じていただけると嬉しいです。

祇園閣(9月) ねねの道にある祇園祭の鉾状の建物

Dsc71413a

閑臥庵(9月) かんがあん、本編もご覧ください。

Imn_1632a

春編で、大雨のときには水が飛び散って用をなさないなんて書きましたが、この鎖樋は見事に雨を軒下に導いていました。

Imn_1614a

大覚寺(9月) 観月の夕べ

Imk_4794a

法伝寺(9月) 真如堂の山門横にあり、 叱枳尼天(だきにてん)を祀る神社風の寺、向こうの枝垂桜は春には見事だそうです。

Imn_1943a

常照寺(10月) 鷹が峰にある吉野太夫ゆかりの寺

Imh_7903a

萬福寺(10月)

Imh_8841a

梨木神社

Dsc_0416a_2

広隆寺(11月)

Imk_7089a

霊鑑寺(11月) 哲学の道にあります。

Dsc_3303a

慈済院(11月) 天龍寺塔頭 

Imk_7912a

お越しいただきありがとうございました。よろしかったら、↓をお願いします。

--------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。是非宜しく。→ Banner_04

             こちらもクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
--------------------------------------------------------

Dsc_3305a

|

« 京の空 秋風とともに | トップページ | 京のわんこ16 祭り見物 »

3 シリーズ こだわり風景 1」カテゴリの記事

コメント

鎖桶。いいですね~。
今、そんな見かけませんものね。

最近ため息ばかりで気持ちの面で凄く疲れてますが、ココに来ると日本の風景が美しくて、思わず顔がほころびます。

笑顔も無い感じの生活でしたので・・・。これからも続くのが辛いけど、耐えて頑張らなきゃ。そう思う日々です。

これからも素敵な写真を皆さんに☆ありがとう♪

投稿: AZ | 2008年10月13日 (月) 21時33分

すばらしい。水流の速さまで感じられる。

投稿: Tacchan | 2008年10月15日 (水) 17時09分

★AZさん こんにちは♪
遅くなりました・・・こちらは夫が作ってるもので、スミマセン。マニアックなのばかり集めていますが、気に入っていただいて嬉しいです。
「無粋な筒」じゃなくて「鎖桶」は優しいですね。和ませてくれます。
せわしなく、ゆとりの無い日々にも、ふとしたものに安らぎを感じたり・・・そういうものだと。。。
「・・・つれづれ編」にはそういうものが多いかもしれません。ゆっくり見て行ってくださいね。
コメント有り難うございました。

投稿: りせ | 2008年10月16日 (木) 13時26分

★Tacchanさん こんにちは♪
遅くなりました。
夫は鎖桶があると必ず撮ってます。よっぽど好きなのでしょうか?
雨の日には出かけませんので、タップリ水が流れ落ちるのを撮る事が無いから・・・普茶料理の帰り大雨になりました。

投稿: りせ | 2008年10月16日 (木) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京の空 秋風とともに | トップページ | 京のわんこ16 祭り見物 »