« 京のわんこ14 川の中 | トップページ | 京の空 夏の思い出 »

2008年8月26日 (火)

たそがれ京都 伏見稲荷大社

このシリーズでは、日が暮れてからの風景をお届しています。伏見稲荷大社は由緒ある神社なので、毎月様々な行事が行われます。今日は御神楽(11月)のときの写真に始まり、途中から宵宮祭(7月)、初詣,の順に、夜の伏見稲荷です。

京阪電車で行くと、途中で琵琶湖疎水を渡ります。

Imk_6580a

Imk_6583a

Imh_0686a

Imk_6594a

Imk_6595a

これは火焚祭の夕方に、本殿で行われる御神楽(11月8日)、

Imk_6651a

この日の境内は薄暗くて、歩いていると少し心細い気がしました。

Imk_6667a

Imk_6670a

一方、7月土用入後に行われる本宮祭のときは、境内が赤い提灯であふれます。

Imh_0651a

Imh_0660a

日本画家による行灯画も飾られています。

Imh_0679a

この日は千本鳥居もご覧のとおりです。

Imh_0621a

初詣にお山めぐりをしたときは、途中で暗くなっていまいました。間ノ峰あたり。

Imi_6020a

楼門を出る頃には、すっかり日が暮れてしまいました。

Imi_6196a

Imi_6203a

Imh_0683a

Imi_6223a   

お越しいただきありがとうございました。よろしかったら、↓をお願いします。

--------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。是非宜しく。→ Banner_04

             こちらもクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
--------------------------------------------------------

京阪 伏見稲荷駅

Imk_6706a

|

« 京のわんこ14 川の中 | トップページ | 京の空 夏の思い出 »

3 シリーズ こだわり風景 1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京のわんこ14 川の中 | トップページ | 京の空 夏の思い出 »