« 塀のある風景2 | トップページ | 京の空 梅雨の晴れ間に »

2008年6月27日 (金)

鎖樋がある風景 夏

鎖樋にこだわっている理由はよく説明できませんが、樋という機能からくる造形的な美しさということでしょうか。多くの場合、建物や庭に調和して周囲の風景に溶け込んでいる気がします。今日は、初夏から夏にかけての鎖樋がある風景です。鎖樋の説明は前回の記事へどうぞ。

大田神社 5月 太田神社ではありません

Imm_3615a

山科 地下鉄小野駅ちかく 6月

Img_7881a

勧修寺 6月

Imm_5610a

Imm_5609a   

天龍寺塔頭 三秀院 7月

Imj_6175a

法金剛院 7月

Imj_5954a

常寂光寺 7月

Imj_6298a

大山崎山荘美術館 8月

Imk_2986a 

お越しいただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

--------------------------------------------------------
新しくブログランキングに参加しました。是非宜しく。→ Banner_04

               こちらもクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
--------------------------------------------------------

上賀茂神社 7月

Imj_8529a

|

« 塀のある風景2 | トップページ | 京の空 梅雨の晴れ間に »

3 シリーズ こだわり風景 1」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!りせさんんのブログをみたせいか 先日、お寺巡りをしたとき、鎖樋をなにげなく見ました。誰が考えたか分かりませんが、風情があっていいですね。和風建築にはぴったりです。

投稿: shimasi | 2008年6月27日 (金) 12時39分

★shimasiさん こんばんは♪
遅くなりましたm(_ _)m  鎖樋・・・見られましたか。
無粋な真っ黒な樋が付いていて「ガッカリ・・・」な寺院もあります。風情があって良いですね。形もいろいろで・・・楽しいです。

投稿: りせ | 2008年6月28日 (土) 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塀のある風景2 | トップページ | 京の空 梅雨の晴れ間に »