« たそがれ京都 宝ヶ池 | トップページ | 鎖樋がある風景 春 »

2008年5月 8日 (木)

哲学の道 幸せ地蔵尊

哲学の道を銀閣寺の方から5分くらい歩くと、橋の向こうの赤いノボリが目につきます。これが彌勒院の幸せ地蔵尊です。写真の多くは4月の早朝ですが、一部他の季節も交じっています。

Iml_8424a_2

ここのお地蔵さんは、子供を抱いた木造の「子安地蔵」です。室町の呉服商が所持していたものが、戦時中には弥勒院に預けられて本堂に安置されていたそうです。5月

Imk_2384a

20数年前の台風で壊れた土塀を修理するときに、道沿いに新しくお堂を建てて移っていただいたそうです。 お地蔵さんは道ばたに立って人を助けるから、奥に置いていてはいけない、という言い伝えをようやく実現したというわけです。

Imk_2384b

その後、幸せを呼ぶご利益があるという話がひろまり、桜や紅葉の頃には前にある橋の半ばまで参拝客が並ぶようになりました。11月

Dsc_3103a

ところで、この日は隣の弥勒院の門が開いていたので中に入ってみました。弥勒院は、山号を祥雲山といい、聖護院門跡を大本山とする本山修験宗(山伏)のお寺です。

Dsd_8621a

元は聖護院の付近にあり、昭和の初期に現在の場所に移ってきたということです。お寺のおかみさんは親切な方で、本堂の戸を開けてくださいました。ご本尊の写真は遠慮して撮っていません。

Dsd_8614a

8月の終わりには護摩法要があり、大勢の山伏が境内に集まります。空に向かって矢を射る法弓の儀や護摩焚きがあり、境内は煙につつまれるそうです。一度見てみたいものです。普段の境内は生活感があり、外の哲学の道を眺めるとこんな感じです。

Iml_8428b

境内には小さなチューリップ畑があり、疏水脇の花もおかみさんが手入れしているようです。

Dsd_8617a

門前の出店では、「京都で二番目に美味しいほんまもんのわらび餅」を売っています。11月 

Dsc_3111a

Dsc40842a

再び4月早朝

Iml_8433a

Iml_8437a   

お越しいただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

--------------------------------------------------------
新しくブログランキングに参加しました。是非宜しく。→ Banner_04

               こちらもクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
--------------------------------------------------------

Imk_2382a

|

« たそがれ京都 宝ヶ池 | トップページ | 鎖樋がある風景 春 »

9 こだわりの 寺社」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!護摩法要、時代劇や密教好きな友人が見たがるかも!「京都で二番目に美味しいほんまもんのわらび餅」食べてみたいです。

投稿: shimasi | 2008年5月 9日 (金) 23時07分

★shimasiさん こんばんは~♪
私も護摩法要を見てみたいです。
「1番!」と言いたいところを・・・遠慮気味に奥ゆかしく「2番」って仰ってるんだと思いますが。。。1番があるなら食べたいものですね。

投稿: りせ | 2008年5月10日 (土) 04時13分

哲学の道、学生時代はよくうろついていましたが、こんなところがあったとは気づきませんでした。
やはり京都は、見るものが多いですね。

投稿: 風竜胆 | 2008年5月10日 (土) 22時18分

★風竜胆さん こんばんは♪
コメントありがとうございます。幸せ地蔵さんのお堂は27年前につくられたそうです。私も最近になって初めて知ることも多くて、京都の歴史の深さを感じますね。

投稿: りせ | 2008年5月11日 (日) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たそがれ京都 宝ヶ池 | トップページ | 鎖樋がある風景 春 »