« 京の花 早春の草花展 | トップページ | 剣道から今熊野観音へ »

2008年3月26日 (水)

剣神社

ある秋の日、泉涌寺に行く途中で見つけた「鳥戸野」という字が気になって、立ち寄ってみることにしました。

Imh_5210a

ところが、東山方面に向って歩いていっても目当ての参道が見つかりません。坂道を15分も登ると親鸞聖人の荼毘所(大谷派)がある延仁寺まで来てしまいました。このお寺からの見晴らしはなかなかよかったのですが、結局、泉涌寺の森の方向に向かって坂を下りて行くことにしました。しばらくすると、剣道(つるぎみち)という面白い名前の道の途中で剣神社を見つけました。

Imh_5250a

剣神社の創建は古く、平安遷都の際に王城鎮護のため都の巽(東南)の地に宝剣を埋め、 そこに神殿を造営したことが始まりと伝えられている。実際は、その起原は詳かではない。

Imh_5251a

Imh_5252a

この地一帯は鳥戸野とよばれ、そこから鏡や剣が偶然発掘されたのを、神恩として神社として奉祀したのではないかという説もある。写真は「撫石」。

Imh_5272a

東山七条の東の峰を阿弥陀が峰といい、その峰の南西一帯を鳥戸野(とりべの)、北西の一帯を鳥辺野(とりべの)と字を変え、両方を合わせて鳥部野(とりべの)という字を当てるそうです。鳥戸野の地は高貴な方々の葬地であったのに対し、鳥辺野は庶民の葬地であった。

Imh_5255a

現在の剣神社は、こどもの健康の護神、疳虫封じの神として信仰され、市内だけなく大阪・神戸又、滋賀からも参詣があるとのこと。

Imh_5269a

Imh_5268a

社頭にはとび魚の絵馬が多数奉納されており、 この絵馬は絵馬蒐集の好事家の間に評判が高いそうです(石子順造著「小絵馬図譜」より)。

Imh_5264a

小さな神社でしたが、平安の都ができた頃に思いをはせるに十分な雰囲気がありました。

Imh_5260a

この地は一昔前までは、 ぼととぎすの名所として、文人墨客が好んで杖をひいたところであったが、近時すっかり市街地化して昔を偲ぶことはできない。 しかし、剣神社から観音寺(今熊野観音)への道は、なお静かなたたずまいをとどめ捨てがたいものがある。
剣神社のすぐそばに、泉涌寺への道がありました。

Imh_5277a

ところで、泉涌寺へ行く途中でようやく鳥戸野陵参道を見つけました。鳥戸野陵には一条天皇の皇后定子が葬られている。皇后に仕え、寵愛された清少納言はこの近くで生まれ育ち、皇后が葬られた後は御陵に詣でつつ晩年を過ごしたといわれている。このあたりは、清少納言が通った道だったのです。

Imh_5285a       

お越しいただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

--------------------------------------------------------
新しくブログランキングに参加しました。是非宜しく。→ Banner_04

               こちらもクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
--------------------------------------------------------

Imh_5259a

|

« 京の花 早春の草花展 | トップページ | 剣道から今熊野観音へ »

9 こだわりの 寺社」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、皇后定子のことを歴史書をよんで鳥戸野には行ってみたいなと思っています。剣神社のとび魚絵馬、裏はいろいろな絵柄があるんですね。たしかに絵馬好きにはたまらないかも。鳥戸野に行くときはこの神社もコースに入れますね。

投稿: shimasi | 2008年3月28日 (金) 23時55分

★shimasiさん こんばんは♪
「鳥戸野」に「鳥辺野」・・・私は鳥辺野しか知りませんでした。今日の記事には近くが載ってます。結構坂道がキツクてしんどいですよ。

投稿: りせ | 2008年3月29日 (土) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京の花 早春の草花展 | トップページ | 剣道から今熊野観音へ »